文法

英語の文法についてであるのですが、英語を話せるようになるためには、基礎から勉強することが大切であるのです。


英語の文法の勉強方法や学習方法は色々とあると感じますが、中学校の英語の文法がそれ以降の英語の文法の基礎になりますから、しっかりと勉強しておかなくてはいけません。


英語の文法を勉強するにあたっては、参考書や問題集を利用しながら上手に勉強していくのがいいと感じます。


英語の文法は完璧に頭に入っているのに英語が話せないという人もたくさん存在すると感じます。


実は英語の文法というのは頭で理解して、英語を話すということは口で覚えることになりますから、全く違っていることになるのです。


ゴルフの打ち方やコース、ルールを理解していたからと言って、それがゴルフのプレーの技術につながるということはありませんよね。


それと同じであるのです。


文法はわかっていても話せないのは頭でわかっているだけで体はついていっていないからであるのです。


英語を実際に日常会話などで話す時には、頭の中で文法を考える時間の余裕はないと感じます。


であるのですから、ホームステイや留学を行った最初のうちは、文法を気にせずにめちゃくちゃの英語で話をすることが出来ないパターンに陥るか、それとも、文法ばかりに気を取られて、言葉が出ないで話せないというパターンのどちらかであるのです。


英語の文法が身についている人ほど、スムーズに英語を実践で話せないということもあるのですから、文法だけにとらわれず、実践でたくさん会話をすることも英語の学習には大切なことであるのです。

posted by 英語のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27369621
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック