実用 技能検定

実用英語技能検定というのは英語検定の一つであるのですが、日常生活に最低限必要とされている実用的な英語のレベルを検定する試験であるのです。


実用英語技能検定試験には、5級から1級までのレベルが分けられているのです。


5級の時には、中学生の初歩の英語のレベルの試験になっているのですし、1級の時には大学のうちで大変上級レベルの英語になっているのです。


実用英語技能検定を受ける時には、自分のレベルに合わせて受験することになります。


試験の内容もそれぞれのレベルによって違っているのですが、5級4級は、マークシートの試験になっていて筆記試験が35分とリスニング試験が25分の1時間の試験になっているのです。


そして3級の実用英語技能検定からは、マークシート試験に加えて、面接もあるのです。


面接委員から質問されますからその質問に対して英語で回答するという試験も加わります。


いちばんレベルが高い実用英語技能検定の1級の試験になるとマークシートと記述形式の試験になり、筆記試験は100分になりますし、リスニング試験は30分と長くなります。


日常会話を面接委員とした後に、2分間のスピーチをすることになりますし、面接委員のいう質問に答える試験が加わります。


実用英語技能検定は、年に三回実施されているのです。


隣接している級の時には、ダブル受験できるという特徴もあるのです。


実用英語技能検定の1級ともなると合格率は8パーセントと、極めて低い合格率で難易度も高くなりますから勉強が大変であるのです。

posted by 英語のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 実用 技能検定
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27255987
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック