表記

日本では近頃色々なものに英語表記されることが多くなったと感じます。


英語表記をしているものとしては、たとえば日付、名刺の名前、会社名など様々なものが日常で英語表記になっていると感じます。


英語表記で会社名や自分の名前はまだいいのであるのですが、日付の英語表記に困ったことはありませんか?


日本では2008年1月12日と書きますが、英語表記になると12/January/2008と書くのか、12/01/2008なのか、12/01/08と書くのか色々な英語表記の日付があると感じます。


特にいちばん最後のものになると、12月1日なのか、それとも12年の1月8日なのか、さっぱりわからないという人もたくさん存在するのではないかと感じます。


英語表記で迷っている人の中には、住所の英語表記が難しいという人もたくさん存在するといわれているのです。


確かに日本では都道府県から順番に住所を書いていくのであるのですが、英語表記になると番地から逆さに書いていくので、日本と書く順番が逆であるのですから英語表記に困る人もたくさん存在すると感じます。


グローバルな会社が多くなったので、日本語の名詞の裏に英語の名刺を印刷して持ち歩いているという人もたくさんいるのではないかと感じます。


英語表記がどんどんすすむ中で、英語表記がいまいち分かっていないという人は、名前などの時にはそれほどトラブルもそんなに存在しないと感じますが、日付を読み間違えると大変なことになりますから、英語表記の読み方についてはしっかりとマスターしておかなければいけないのではないかと感じます。

posted by 英語のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 表記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26872292
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック